XMLスキーマから、DataSetから継承したクラスを作成する方法


xsd.exe /l:cs /d xmlschema1.xsd

を実行すると、次のような DataSetから継承したクラス(名前はデフォルトでDocument)を作成してくれる。
とりあえずメモっておこう。

//——————————————————————————
// <自動生成>
// このコードはツールによって生成されました。
// ランタイム バージョン:2.0.40607.42
//
// このファイルへの変更は、以下の状況下で不正な動作の原因になったり、損失したりします:
// コードは再生成されました。
//
//——————————————————————————

using System;

//
// This source code was auto-generated by xsd, Version=2.0.40607.42.
//

[Serializable()]
[System.ComponentModel.DesignerCategoryAttribute("code")]
[System.ComponentModel.ToolboxItem(true)]
[System.Xml.Serialization.XmlSchemaProviderAttribute("GetTypedDataSetSchema")]
[System.Xml.Serialization.XmlRootAttribute("Document")]

public partial class Document : System.Data.DataSet {

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。