Microsoft .NET Compact Framework の P/Invoke とマーシャリング入門


 
 
よくまとまっていそうなので、メモ。
あとでよく読んでみよう・・・と思う前に、読んで試してみた。。。
 
メモリーはこんな感じ。
さすがにW-ZERO3はゼロスピンドルなので、ページファイルは何も帰ってこなかった。w
        private struct MEMORY_STATUS
        {
            public uint dwLength;
            public uint dwMemoryLoad;
            public uint dwTotalPhys;
            public uint dwAvailPhys;
            public uint dwTotalPageFile;
            public uint dwAvailPageFile;
            public uint dwTotalVirtual;
            public uint dwAvailVirtual;
        }
        [DllImport("coredll.dll", SetLastError=true)]
        private static extern void GlobalMemoryStatus(ref MEMORY_STATUS ms);
        private MEMORY_STATUS GetMemStatus()
        {
            MEMORY_STATUS ms = new MEMORY_STATUS();
            GlobalMemoryStatus(ref ms);
            return ms;
        }
————-
CPU負荷も、こんなことしないとだめなのね・・・
dwStartTick = GetTickCount();
dwIdleSt = GetIdleTime();
// タイマーか、何かの処理
dwStopTick = GetTickCount(); dwIdleEd = GetIdleTime(); PercentIdle = ((100*(dwIdleEd - dwIdleSt)) / (dwStopTick - dwStartTick));
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。