Virtual Server 2005 R2 SP1 On Vista


ということで、2007/06/11より、ダウンロード可能になっている。
  • Vista サポート
  • 容量可変の拡張バーチャル ハード ディスクの既定サイズが、16 GB から 127 GB に変更
  • Windows Server® コード名 "Longhorn" Beta 3のサポート
など、結構おいしいので早速入れてみる。
ただし、Vista 上で実行すると、次のエラーになって、動かない。

アプリケーション "Default Web Site/VirtualServer" でのサーバー エラー


アプリケーションでのサーバー エラー

HTTP エラー 401.2 – Unauthorized

説明: 認証ヘッダーが無効なため、このページを表示することができません。

エラー コード: 0x80070005

通知: AuthenticateRequest

モジュール: IIS Web Core

要求された URL: http://lonewolf:80/VirtualServer/VSWebApp.exe?view=1

物理パス: C:\Program Files\Microsoft Virtual Server\WebSite\VirtualServer\VSWebApp.exe

ログオン ユーザー: 未定義です

ログオン方法: 未定義です

ハンドラ: StaticFile

————————-

 

Vistaで実行するには、インストール時の READ Meにあるように、IISを有効にし、[コントロール パネル] の [プログラム] で [Windows の機能] をクリックし、[Windows の機能の有効化または無効化] から、次に機能を有効にする必要がある。
Internet Information Services > Web管理ツール>IIS管理コンソール
Internet Information Services > Web管理ツール>IIS メタベース及びII6と互換性との構成
Internet Information Services >World Wide Web サービス>アプリケーション開発機能>CGI
Internet Information Services >World Wide Web サービス>HTTP共通機能>既定のドキュメント
Internet Information Services >World Wide Web サービス>HTTP共通機能>ディレクトリの参照
Internet Information Services >World Wide Web サービス>HTTP共通機能>HTTP エラー
Internet Information Services >World Wide Web サービス>HTTP共通機能>静的コンテンツ
Internet Information Services >World Wide Web サービス>健常性と診断>HTTPロギング機能(たぶん)
Internet Information Services >World Wide Web サービス>健常性と診断>要求監視
Internet Information Services >World Wide Web サービス>性能機能>静的コンテンツ圧縮
Internet Information Services >World Wide Web サービス>セキュリティ>Windows認証
————-
いくつかはすでに有効になっているが、ちょっと面倒。
これらの設定でVista Ultimateで無事動作開始。
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。