初音ミク XAML化計画


ようやく、すべてのパーツを ZAM 3Dにインポートするところまできました。ところが、くつかのテクスチャーがドロップしてしまいます。原因未調査です。次に、ZAM 3Dでパーツの関連を付けて、Bone も入れて、回転軸を調整したのが次の状態。

image

これを Expression Blend で開いてみる。

image

OKのように見えるが、オフセットが反映されていない。このため、そのままで頭を回転するとこんな情けないことに orz

image

なんでだろう・・・

やっつけで、Blend で細かく調整すればできないことはないのだけれど、毎回ZAM 3Dからインポートするたびに調整していたのではやっていられないです。でも、今日は眠いのでここまでにして、調査は先送りにします。

今の段階でコンパイルして表示できるようになったので、データをアップしておきます。

image 

キオ式 初音ミクの XAML 化データに関しては、本家 キオ式アニキャラ3D の “当方の3Dデータ、動画の使用条件について” を参照してください。

キオ式 初音ミクの XAML 化データ   Miku Kio V2.zip  約 3MB

この時点での問題点を整理しておくと、

  • 一部のテクスチャーがインポートできない。
  • オフセットが反映されない。
  • 体をパーツにばらしている単純な方法なので、パーツの接続面が汚い。
  • 眼だけはパーツとして切り出しましたが、顔の表情が変えられない。
  • 指先を変えられない。これは、テーマソングのときに致命的*(意味不明)

とりあえず、デモ用の元データとしては使えそうですが、いまいちです。もう一人が Shade で切り出しているので、そちらの成果を期待しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。