初音ミク XAML化計画~初音ミクは重い


もともとの V6 の XAML データだけでも、 8MB もあるので、Visual Studio 2008 が

image

と 悲鳴を上げている。

やっぱりここまでくると、しゃべらせないとね・・・ということで、顔をモーフィングしたデータをいくつかあわせてエクスポートしてみた。XAML データはさらに重くなって、19MB。Visual Studio 2008 が開くには開くが、Grid を追加したら、Visual Studio 2008 がハンドルされていない例外を発生しましたということで、種類 ‘System.OutOfMemoryException’ の例外が発生して、アウト!

image

少しミクをダイエットさせなければ・・・・

呼び出しのターゲットが例外をスローしました。
   場所 System.RuntimeMethodHandle._InvokeMethodFast(Object target, Object[] arguments, SignatureStruct& sig, MethodAttributes methodAttributes, RuntimeTypeHandle typeOwner)
   場所 System.RuntimeMethodHandle.InvokeMethodFast(Object target, Object[] arguments, Signature sig, MethodAttributes methodAttributes, RuntimeTypeHandle typeOwner)
   場所 System.Reflection.RuntimeMethodInfo.Invoke(Object obj, BindingFlags invokeAttr, Binder binder, Object[] parameters, CultureInfo culture, Boolean skipVisibilityChecks)
   場所 System.Delegate.DynamicInvokeImpl(Object[] args)
   場所 System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.InternalRealCall(Delegate callback, Object args, Boolean isSingleParameter)
   場所 System.Windows.Threading.ExceptionWrapper.TryCatchWhen(Object source, Delegate callback, Object args, Boolean isSingleParameter, Delegate catchHandler)

種類 ‘System.OutOfMemoryException’ の例外がスローされました。
   場所 MS.Internal.Host.Isolation.Protocols.ITextReadCursor.Read(Int32 length)
   場所 MS.Internal.Host.Isolation.Adapters.ToTextReadCursor.Read(Int32 length)
   場所 MS.Internal.Host.MarkupSourceProvider.SourceReader.Read(Int64 location, Int32 length)
   場所 Microsoft.Windows.Design.SourceUpdate.TextRangeManager.TextRangeSourceReader.Read(Int64 location, Int32 length)
   場所 MS.Internal.Xaml.Parser.ScannerProviderAdapter.Read(Int32 location, Int32 length)
   場所 MS.Internal.Xaml.Scanner.ReadSource(Int32 current)
   場所 MS.Internal.Xaml.Scanner.GetNextToken(Boolean stopAtEndOfLine)
   場所 MS.Internal.Xaml.Parser.ParseXmlDocument(Int32 elements)
   場所 MS.Internal.DocumentTrees.Markup.XamlSourceDocument.ParseElementFromSkeleton(XamlParseContext context, SkeletonNode node, XamlElement parent, Boolean fullElement)
   場所 MS.Internal.DocumentTrees.Markup.XamlSourceDocument.UpdateSkeleton(IDamageListener listener, Boolean force)
   場所 Microsoft.Windows.Design.Documents.Trees.MarkupDocumentTreeManager.Update()
   場所 Microsoft.Windows.Design.Documents.MarkupDocumentManager.Update()
   場所 Microsoft.Windows.Design.Documents.MarkupDocumentManager.AutoUpdater.DoUpdate()

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。