Archive for 2008年3月

初音ミク XAML化計画

2008年3月12日

ようやく、すべてのパーツを ZAM 3Dにインポートするところまできました。ところが、くつかのテクスチャーがドロップしてしまいます。原因未調査です。次に、ZAM 3Dでパーツの関連を付けて、Bone も入れて、回転軸を調整したのが次の状態。

image

これを Expression Blend で開いてみる。

image

OKのように見えるが、オフセットが反映されていない。このため、そのままで頭を回転するとこんな情けないことに orz

image

なんでだろう・・・

やっつけで、Blend で細かく調整すればできないことはないのだけれど、毎回ZAM 3Dからインポートするたびに調整していたのではやっていられないです。でも、今日は眠いのでここまでにして、調査は先送りにします。

今の段階でコンパイルして表示できるようになったので、データをアップしておきます。

image 

キオ式 初音ミクの XAML 化データに関しては、本家 キオ式アニキャラ3D の “当方の3Dデータ、動画の使用条件について” を参照してください。

キオ式 初音ミクの XAML 化データ   Miku Kio V2.zip  約 3MB

この時点での問題点を整理しておくと、

  • 一部のテクスチャーがインポートできない。
  • オフセットが反映されない。
  • 体をパーツにばらしている単純な方法なので、パーツの接続面が汚い。
  • 眼だけはパーツとして切り出しましたが、顔の表情が変えられない。
  • 指先を変えられない。これは、テーマソングのときに致命的*(意味不明)

とりあえず、デモ用の元データとしては使えそうですが、いまいちです。もう一人が Shade で切り出しているので、そちらの成果を期待しています。

広告

初音ミク XAML化計画

2008年3月10日

六角から ZAM 3D にエクスポートすると、次のように座標軸がずれる。

image

毎回、パーツごとに回転は大変なので、六角側で調整することにする。さて、六角側でどうすればちゃんとしたほうこうになるのか、立体の問題です。

image

おおおっ、一発。

———— 以下、覚書 ————

六角で、[メニュー]→[ウィンドウ]→[数値設定ウィンドウ]を表示し、

image

相対値にチェック

X…+90度、 Y… 0度、Z…180度  

角度設定ウィンドウで、右下に設定すると、六角で正面から見えるようになる。

image

まとめてエクスポートできるかと思ったが、1つのジオメトリとして扱われてしまうので、やっぱりだめ orz

それに、複数まとめるとデータ量が多いせいか、ゲシュタルト崩壊 orz

ちまちまと1つづくエクスポートする必要あり orz

初音ミク XAML化計画

2008年3月9日

六角でレイヤーを分けたものをまとめて dxf フォーマットにエクスポートしてみた。

ZAM 3D でインポートしたところ、マテリアル情報は取れているが、ゲシュタルト崩壊状態 orz。

image

初音ミク XAML化計画

2008年3月9日

WaveFront Obj フォーマットにエクスポートした際に、1つの Geomerory になってしまう問題が解決。六角で作成したデータは同じレイヤーで作成していたためで、レイヤーを分けると、別のパーツとして認識してくれる。当たり前といえば当たり前なんだけど、気がつかなかった。

image

これで WeveFront Obj フォーマットにエクスポートしたものを、Blend にインポートすると、各パーツごとにGeometory を扱えて好調! と思ったのですが、マテリアルが設定できない問題は相変わらず解決されていない。このため、色をつけると1つのパーツは同じ色になってしまうことが判明。 orz

image

なかなか、楽しませてくれます。

初音ミク XAML化計画

2008年3月9日

初音ミクのデータをインポートしたら、ZAM 3D がとんでもなく重くなってきた。データ量は、ZAM 3D で約 10MB。ZAM 3D の設定で OpenGL ハードウェアアクセラレーションの設定があり、オンにする。デフォルトではオフになっている。

image

好調!

初音ミク XAML化計画

2008年3月9日

ばらばらにぶった切った MIKU をXAML にして組み合わせてみると、切断面が汚らしい。それはわかっていたんだけど、突き抜けたり、ぽっかり穴があいたり、ちょっとひどい。

そこで、切断面を丸めないとだめか・・・と作り始めたところえ、えムナウさんから 福井の勉強会でデモするのにデータほしいとのこと。いい年した親父が二人、何やっているんだか・・・WPF のデモだったら、初音ミクじゃなくてもいいじゃない・・・と思いつつ・・・気持はよくわかるw 。おおおっと言わせてみたいよね。技術も大事だけど、デモは素材も大事。

ここまでやってしまった以上、最後まで・・・

ということで、ようやくパーツがそろった。

image

これから、ZAM 3Dへインポート・・・

初音ミク XAML化計画

2008年3月9日

結局、KIO式MIKU をバラバラにしてしまいました。

image

さらに、左手を肩からひじまで、肘から指先まで、足も腰から膝まで、膝からつま先までに分割。なんか、昔の着せ替え人形のようだ・・・

これを ZAM 3D で 組み合わせれば・・・

image

どんなことができるのかは、わかっているんだけど・・・手間がかかる

・・・MIKU をXAML にして、動かしたからって、何の意味があるんだ・・・と思いつつ・・・馬鹿だな・・・と思いつつ・・・

初音ミク XAML化計画

2008年3月8日

オリジナルデータ: 六角標準骨入り初音ミク (Miku_Bone.6KT)

  • 六角から dxf フォーマットへ変換し、ZAM 3Dへ
    image 
    このまま、Blend  へ
    image
    一応、10枚ほどのレイヤー情報は残る。
    だけど、レイヤーが手とか足とかではなく、マテリアルごとだし、骨もないため、動かしたい次元が異なっていてだめ。
  • 六角から obj フォーマットへ変換し、Blend へ持ってくる方法だと、レイヤーなし、マテリアルもなし。
    image 

初音ミク XAML化計画

2008年3月8日

前回は、口の周りのデータがうまく処理できず残念な結果になってしまいました。そういう障害があると、どうしても突っ込んでいってしまう性格なので・・・

オリジナルデータ: キオ式 MIKU

  フォーマット サイズ ソフト 結果
(1) 初音ミク 簡易モデルVer.1.1S4用.6kt    約 12MB 六角 NG
(2) 初音ミク 簡易モデルVer.1.1S5用.6KT 約 3MB 六角 NG
(3) 簡易モデル.3ds   約 300KB 3D Studio
(4) Kio2.lwo 約 300KB Light Wave
(5) 簡易モデル.lwo 約 180KB Light Wave NG
(6) 簡易モデル.obj.obj 約 2MB Wavefront NG

いろいろあるので、片っぱしに

(1) 初音ミク 簡易モデルVer.1.1S4用.6kt
(2) 初音ミク 簡易モデルVer.1.1S5用.6KT

  1. 六角大王から dxf フォーマットへエクスポート
  2. この時点で22MB-27MB に膨れ上がる
  3. ZAM 3D にインポートしようとするとかなりの時間を要し、結果的には崩壊した3Dが表示される
    image

もう1つの方法

  1. 六角大王から obj フォーマットにエクスポート この時点で 27MB
  2. Expression Blend にインポートするが、テクスチャー、レイヤー情報なし
    image

(3) 簡易モデル.3ds

  1. 一度、Blender へインポート、そこから dxf フォーマットへ変換。
  2. ZAM 3Dへインポート
    image

レイヤー情報なし。マテリアル情報も一部おかしい。

(4) Kio2.lwo

  1. 一度、Blender へインポート
    image 
  2. そこから、dxf へエクスポート、それをZAM 3D へインポート
    image 
    レイヤー情報なし。マテリアル情報も一部おかしい。

(5)簡易モデル.lwo

  1. Blender へインポート。かなり荒い。
    image 
  2. レイヤーがないため、べた塗になってしまう。
    image

(6) 簡易モデル.obj

  1. Blend のプロジェクトに直接インポート可能
  2. ただし、レイヤー情報がない。
  3. マテリアル情報もない。

           image

初音ミク XAML化計画

2008年3月8日

オリジナルデータ: http://fenyo-ru.hp.infoseek.co.jp/dlc.htm

  • オリジナルデータは、LightWave で作成。
  • Masa-Hatsune-miku.dxf を ZAM 3D にインポート。: OK
  • さらにレイヤー情報もうまく処理されている
  • image

    Blend / VS 2008 へも持ってこれる。

    image 

    ただし、作者によると、口周りに特殊な処理をしているということで、口の周りをうまく表示でない。

    すぐには対応できないとのこと。残念!