Visual Studio 2008 で Visual Source Safe (2005)の利用


Visual Studo 2008 で Visual Source Safe (2005)を設定して使おうとしたら、プロジェクトが表示されない。あれ?とあせりましたが、Visual SourceSafe 2005 の更新プログラム を適用したら、無事表示できるようになりました。ちょっとあせった。

Visual Studio 2008 でのソース管理の設定は、

1. Visual Source Safe をインストール

2. Visual Studio 2008 の [メニュー] → [ツール] → [オプション]

ソース管理を選んでプラグインを設定

image

すると、次のようにプロジェクトを開く画面で Microsoft Visual SourceSafe が表示されるようになります。

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。