LinqDataSource によるメモリ内コレクションのデータへの接続


http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb547113.aspx

Default.aspx.cs にMoviewLibraryクラスを追加。

using System;
using System.Collections;
using System.Configuration;
using System.Data;
using System.Linq;
using System.Web;
using System.Web.Security;
using System.Web.UI;
using System.Web.UI.HtmlControls;
using System.Web.UI.WebControls;
using System.Web.UI.WebControls.WebParts;
using System.Xml.Linq;

namespace LinqDataSource
{
    public partial class _Default : System.Web.UI.Page
    {
        protected void Page_Load(object sender, EventArgs e)
        {

        }
    }

    public class MovieLibrary
    {
        string[] _availableGenres = { "Comedy", "Drama", "Romance" };

        public MovieLibrary()
        {
        }

        public string[] AvailableGenres
        {
            get
            {
                return _availableGenres;
            }
        }
    }
}

GridViewを追加。新しいデータソースを選択。

image

LINQを選択。

image

データソースの構成ダイアログで、MoviewLibraryを選択。

image

データの選択の構成ダイアログで、テーブル、Select, GroupBy, Where, OrderBy を指定可能。

image

実行すればこのとおり。

image

生成されたWPFコードは、

<asp:GridView ID="GridView1" runat="server" DataSourceID="LinqDataSource1">
</asp:GridView>
<asp:LinqDataSource ID="LinqDataSource1" runat="server"
    ContextTypeName="LinqDataSource.MovieLibrary" TableName="AvailableGenres">
</asp:LinqDataSource>

列名までしっかり処理されている。もう少し複雑なテーブルで試してみると、これがずいぶん便利だということに気が付く。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。