CPUの温度取得に関するメモ5


Web Service から OpenLibSys を呼び出すと、InitializeOls(); を呼ぶところでOLS_DLL_DRIVER_NOT_FOUND エラーになってしまう。

この原因は、WinRing0.sys を Visual Studio のデバッグ環境で、Web Service から呼び出すときに、OlsDll.cpp の Initialize()関数の中で、ドライバーを呼び出すときのパスが、 “C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\DevServer\9.0\WinRing0.sys” になってしまうためであることが判明した。暫定で、その場所に WinRing0.sys をコピーして先に進んでみる。

次に、Web Service をローカルの IIS に発行してみると、ドライバーを呼び出すときのパスが今度は、 “c:\windows\system32\inetsrv\WinRing0.sys” になってしまい、ドライバーを探しに行ってエラーになってしまう。そこに、WinRing0.sys をコピーすることで、Web Service から OpenLibSys を呼び出せるようになった。

image 

はまったメモ:

WinRing0が LoadLibrary で呼ばれていて、Web Service からデバッグできないので、ビルド環境を作って、メッセージを埋め込んでデバッグするしかなかった。もう少しいい方法があるのかな・・・

そこで、WinRin0\dll をビルドしてたら、DEF ファイルが外出しになっていて、リンカオプションに def ファイルを追加する必要があった。

/DEF:"C:\Users\uchukamen\Desktop\WinRing0_1_3_0\source\dll\OlsApi.def"

そこで、fprintf (stderr でと思ったが、出力先がないので、エラーを出せない。イベントログも面倒なので、とりあえず、ファイルにエラーメッセージを書き出した。

やっぱりワナがあった w

ここまでくれば、あとは OpenLibSys も気にせず、管理者モードに移行する必要もなく、簡単にアプリができる。ただ、OpenLibSys 強力な分、セキュリティ上注意が必要。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。