.NET Micro Framework 4.0 Features


Microsoftは、組み込みシステム向けの開発および実行環境である「.NET Micro Framework」の大部分をオープンソース化した。

今回のエンハンスポイントは次にような感じらしい。

  1. HTTP と HTTPs:
    System.Net.HttpWebRequest、System.Net.HttpWebResponse、および System.Net.HttpListener のサポート
  2. Multi-touch
    multi-touch イベントが、オブジェクト モデルと、エミュレータでサポート。 ジェスチャ サポートの再設計により高速化かつ柔軟性の向上。
  3. バージョン管理:
    以下、意味がよくわからないけれど、バージョン管理の強化。構築時と、デバイス上のアセンブリ バージョン番号で、厳密なバージョニング、および不足しているアセンブリの再配布。同じアセンブリで別のバージョン番号に属する型のサイドバイサイドロードとバインドをサポート。 バージョン番号を含む名前付けアセンブリのサポート追加。
  4. SSL および HTTPS のエミュレータ サポート:
    SSL および HTTPs エミュレーションをエミュレータでサポート。
  5. ネイティブ XML Parser:
    XML パーサー ネイティブ コードでパフォーマンスを向上。
  6. ネイティブのコレクション:
    コレクション クラスはネイティブ コードで実装され、Queue と Stackをサポート。
  7. 時刻の同期:
    新しい時刻同期 API により、システム時刻を指定したサーバーの時刻から自動または手動で同期。
  8. 任意の表示サイズ:
    760 KB を超えるビットマップをサポート、カスタムのヒープと割り当て領域を提供。
  9. 大きなバッファ:
    新しい型、Microsoft.SPOT.Hardware.LargeBufferをサポート。これにより、マネージド ヒープに収まるらない 760 KB を超えるバッファの割り当てが可能。
  10. ウォッチドッグと電力制御:
    電力レベルとウォッチドッグ動作の振る舞いの制御が、Microsoft.SPOT.Hardware.PowerState、Microsoft.SPOT.Hardware.Watchdog により可能。Microsoft.SPOT.Hardware.dll を使用して、マネージ アプリケーションから制御。
  11. 太いペンやグラデーション塗りつぶし:
    ウィジェットとコントロールをデザインするため、豊富なグラフィック モデルを提供。
  12. TinyCore パフォーマンスの向上:
    イベントのディスパッチとレイアウトで TinyCore のパフォーマンスを強化。

コメント / トラックバック1件 to “.NET Micro Framework 4.0 Features”

  1. Unknown Says:

    不要去想沒拿到的東西,多想想自己手裡所擁有的—-歡迎來我們的論壇看看哦!http://tomatohouse.com.tw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。