マーケティング 3C→4P分析


企業(Company)が、消費者(Consumer)に対して、競合(Competitor)と差別化された戦略をとるために「4P」の最も効果的な組合せを模索する

3C分析

Customer (顧客)
Cometence (強み)
Competitor (競合)

4P分析

●Product/「製品政策」
製品をいかに企画し、開発するか?単純に性能、機能が優れているだけではなく、市場、消費者のニーズにあっていて、且つ、競合と差別化されていることが重要。

●Price/「価格政策」
最大市場である適正価格を狙うのか?競争の視点からあえて低価格にするのか?それとも付加価値を訴求し、あえて高価格を設定するのか?コストだけでなく、需要、製品特性、流通ルートから、「顧客の認識する価値」に基づいた価格設定が必要。

●Place/「流通政策」
スーパー、コンビニ、デパート、どの販売チャネルを選ぶのか、あるいは卸経由の小売でなくEC、通販等の直販を選択するのか?代理店販売をするのか?等も選択する。

●Promotion/「広告、プロモーション政策」
広告、宣伝、PR、セールスプロモーション活動の全般を指す。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。