SQL テーブルの IDENTITY をリセットする方法


テーブルのIDに IDENTITY をセットしている時に、テーブルの中身を消して、もう一度ID を0からふりなおしたい場合

image

TRUNCATE TABLE テーブル名

DBCC CHECKIDENT (テーブル名, RESEED , 0)

GO

補足

WHERE 句を伴わない DELETE FROM であれば、TRUNCATE TABLE  テーブル名 の方が高速で、使用するシステム リソースとトランザクション ログ リソースも少なく、おすすめ。

広告

コメント / トラックバック1件 to “SQL テーブルの IDENTITY をリセットする方法”

  1. 宇宙仮面 Says:

    DBCC CHECKIDENT でRESEEDするときは、要注意みたいですね。
    http://blogs.wankuma.com/naka/archive/2005/10/10/18641.aspx

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。