ASP.NET MVC で LINQ to XML


環境; Windows 7 x64 Ultimate, Visual Studio 2010 Ultimate, .Net Framework 4.0, MVC 2

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/rss.xml

にあるRSSデータをLINQで読み込み、MVC2で表示させる。

RSSデータは、次のような感じ。

http://backend.userland.com/blogChannelModule”>
<channel>   
<title>Yahoo!ニュース・トピックス – トップ</title>
<link>
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/</link>
<description>Yahoo! JAPANのニュース・トピックスで取り上げている最新の見出しを提供しています。</description>
<language>ja</language>
<pubDate>Sun, 30 Jan 2011 13:43:46 +0900</pubDate>

<item>
<title>民主党綱領めぐり主導権争い</title>
<link>
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/topics/topics/*http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/politics/</link>
<pubDate>Sat, 29 Jan 2011 13:37:45 +0900</pubDate>
<guid isPermaLink=”false”>yahoo/news/topics/3494716</guid>
</item>

<item>
<title>邦人500人が足止め エジプト</title>
<link>
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/topics/topics/*http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/overseas_japanese/</link>
<pubDate>Sun, 30 Jan 2011 11:39:52 +0900</pubDate>
<guid isPermaLink=”false”>yahoo/news/topics/3501016</guid>
</item>

———————————–

1. MVC2 の新規プロジェクト作成

2. ソリューションエクスプローラーから、Contoller を右クリックし、コントローラの追加を選択

image

3. YahooRssController を追加

image

4. YahooRssController.cs に次のコードを実装

using System.Collections.Generic;
using System.Web;
using System.Web.Mvc;
using System.Xml.Linq;
using System.Linq;

namespace MvcApplication3.Controllers
{
    public class YahooRssController : Controller
    {
        //
        // GET: /YahooRss/

        public ActionResult Index()
        {
            var res = new List<YahooRss>();

            ViewData[“Message”] = “ASP.NET MVC へようこそ”;

            string yahooRssUrl = “http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/rss.xml”;
            XDocument rss = XDocument.Load(yahooRssUrl);

            res = (from item in rss.Descendants(“item”)
                   select new YahooRss
                   {
                       title = (item.Element(“title”).Value ?? “”),
                       link = item.Element(“link”).Value,
                       pubDate = item.Element(“pubDate”).Value,
                       guid = item.Element(“guid”).Value
                   }).ToList();

            return View(res);
        }

        public class YahooRss
        {
            public string title { get; set; }
            public string link { get; set; }
            public string pubDate { get; set; }
            public string guid { get; set; }
        }
    }
}

6.  ビューを追加

コードエディタの public ActionResult Index() のスコープ内を右クリックして、ビューの追加を選択

image

すると、次のようなビューの追加ダイアログが表示されるので、そのまま Index というビューを追加する。

image

7.  ビューの実装

<ul></ul>ブロック内を実装する。

<%@ Page Language=”C#” Inherits=”System.Web.Mvc.ViewPage<dynamic>” %>

<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>

<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” >
<head runat=”server”>
    <title>Index</title>
</head>
<body>
    <div>
             <ul>
          <% foreach (var res in Model)
             {  %>
               <li> <a href=<%=Html.Encode(res.link) %>><%=Html.Encode(res.title) %></a> </li>
          <% } %>
     </ul>
    </div>
</body>
</html>

8. 実行すると・・・

http://localhost:1852/YahooRss/Index というURLに対して、次のようになる。1852 は実行環境によって違います。

image

ポイントは、View で表示する際に、

var res = from item in rss.Descendants(“item”)
select new
{
   …
}

という形だと、View 側で、Model の型がわからず、実行時エラーになってしまう。

そこで、Contoller で、public class YahooRss というクラスで明示的に定義して、

var res = new List<YahooRss>();
res = (from item in rss.Descendants(“item”)
                   select new YahooRss
                   {
                       title = (item.Element(“title”).Value ?? “”),
                       link = item.Element(“link”).Value,
                       pubDate = item.Element(“pubDate”).Value,
                       guid = item.Element(“guid”).Value
                   }).ToList();

というように、データを渡してあげること。

このことに関しては、次のURLを参考にしました。

Using ASP.NET MVC 2 to Query Twitter’s Public API – FIFA 2010

http://www.dotnetcurry.com/ShowArticle.aspx?ID=536&AspxAutoDetectCookieSupport=1

広告

コメント / トラックバック1件 to “ASP.NET MVC で LINQ to XML”

  1. MVC3 Razor で LINQ to XML | 宇宙仮面の C# 研究室 Says:

    […] https://uchukamen.wordpress.com/2011/01/30/asp-net-mvc2-%e3%81%a7-linq-to-xml/ […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。