MVC3 Razor で LINQ to XML


https://uchukamen.wordpress.com/2011/01/30/asp-net-mvc2-%e3%81%a7-linq-to-xml/

で、ASP.NET MVC2 で LINQ to XML をしてみたが、今回はMVC3 Razor で LINQ to XMLしてみる。

1. MVC3 の新規プロジェクトを作成。ビューエンジンは Razor

image

2. YahooRssModel.cs をモデルに追加、次のコードを実装。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web;

namespace MvcApplication7.Models
{
    public class YahooRssModel
    {
        public string title { get; set; }
        public string link { get; set; }
        public string pubDate { get; set; }
        public string guid { get; set; }
    }
}

3. YahooRssController を追加し、次のコードを実装。

using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Web.Mvc;
using System.Xml.Linq;
using MvcApplication7.Models;

namespace MvcApplication7.Controllers
{
    public class YahooRssController : Controller
    {
        //
        // GET: /YahooRss/

        public ActionResult Index()
        {
            var res = new List<YahooRssModel>();

            ViewData[“Message”] = “ASP.NET MVC へようこそ”;

            string yahooRssUrl = “http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/rss.xm”;
            XDocument rss = XDocument.Load(yahooRssUrl);

            res = (from item in rss.Descendants(“item”)
                   select new YahooRssModel
                   {
                       title = (item.Element(“title”).Value ?? “”),
                       link = item.Element(“link”).Value,
                       pubDate = item.Element(“pubDate”).Value,
                       guid = item.Element(“guid”).Value
                   }).ToList();

            return View(res);
        }
    }
}

4. ビューを追加。

Views にYahooRss フォルダーを作成し、その中にビューを追加する。そのとき、ビュー名は、Index。ビューエンジンは Razor(CSHTML)、「厳密に型指定されたビューを作成する」にチェック。モデルクラスのドロップダウンリストより、モデルクラスに追加した YahooRssModel を追加。スキャフォールディング・ビュー・テンプレートは、List を選択。

image

http://…/YahooRss/ をリストすると次のような一覧表示が作成される。もとはLINQデータなので、Create, Edit, Delete は対応できないので、次のコードを削除する。

<p>
    @Html.ActionLink(“Create New”, “Create”)
</p>

<th></th>

<td>
    @Html.ActionLink(“Edit”, “Edit”, new { /* id=item.PrimaryKey */ }) |
    @Html.ActionLink(“Details”, “Details”, new { /* id=item.PrimaryKey */ }) |
    @Html.ActionLink(“Delete”, “Delete”, new { /* id=item.PrimaryKey */ })
</td>

以上で、次の簡単なリスト表示ができる。

image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。