WriteableBitmap を使用する場合の参照の追加


WriteableBitmap を使用する場合、次の2つの参照が必要。

System.Windows.Freezable
名前空間: System.Windows
アセンブリ: WindowsBase (WindowsBase.dll 内)

System.Windows.Media.Imaging.WriteableBitmap名前空間: System.Windows.Media.Imaging
アセンブリ: PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

パスは次の通り

%ProgramFiles(x86)%\Reference Assemblies\Microsoft\Framework\.NETFramework\v4.0\Profile\Client\

加えて、Bitmap を作成する時にUri を使うなら、次の System.Xaml.dll も必要。

名前空間: System.Windows.Markup
アセンブリ: System.Xaml (System.Xaml.dll 内)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。